キシロオリゴ糖とは

キシロオリゴ糖はと呼ばれる種類のオリゴ糖の特徴を説明します。キシロオリゴ糖とは、もとは食物繊維であり、それを分解して作ったものなのです。最大の特徴は何といっても虫歯の原因なりにくいということです。

キシリトールという成分をきいたことがあるでしょう。それと同じです。また低カロリーであるためダイエットにも最適なのです。この種類のオリゴ糖はビフィズス菌の育成を促進してくれます。

このキシロオリゴは1日に0.7グラムの摂取で大腸内のビフィズス菌を増やすことができます。他のオリゴ糖に比べてもビフィズス菌活性化能力が高いオリゴ糖として注目されています。

キシロオリゴは、おもにコーンコブというとうもろこしの芯に含まれる食物繊維を酵素分解して作られます。

熱や酸に強いのも特徴の一つです。そのためさまざまな製品や食品に応用可能です。とくに特定健康食品としても認められていてその活躍の場は多いのです。

便秘症の方はキシロオリゴを選んで摂取するといいかもしれませんね。

カテゴリー: 種類 パーマリンク