オリゴ糖の効果的な摂取法

ヨーグルトにオリゴ糖を加えると、相乗効果で便秘解消が行われます。ヨーグルトはビフィズス菌を豊富に含んでいるに対して、オリゴ糖はビフィズス菌による腸内細菌のバランスを整えてくれる効果があるのです。

ビフィズス菌はオリゴ糖を餌として積極的に摂取しているのです。ヨーグルトが花粉症などのアレルギー症状改善に役に立つのは、このヨーグルトにビフィズス菌を入れたお陰かもしれませんね。ヨーグルトやビフィズス菌単品では効果が現れにくいですが、これらをかけ合わせることで相乗効果が現れるのです。

また、オリゴ糖はほのかな甘みがありますのでヨーグルトの甘味料としてもぴったりです。砂糖に変えてオリゴ糖を用いることでカロリーを減らすこともできます。ダイエットにもぴったりですね。

カテゴリー: 効果 パーマリンク