オリゴ糖 種類

様々な種類があることで知られているオリゴ糖。フラクトオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖の仲間やキシロオリゴ糖もありまし、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖もあります。

それだけはなく、イソマルトオリゴ糖や乳果オリゴ糖、あまり聞いたことがないと思うラフィノースもオリゴ糖の仲間なのです。そんなオリゴ糖は種類によって効能や効果が変わるのをご存知でしょうか。1つ1つのオリゴ糖のはたらきを覚えることで、今、自分には何が必要なのかが分かります。小腸の働きを活発にするもの、骨を丈夫にするオリゴ糖などがあります。

オリゴ糖には多くの種類が存在して、それぞれ特徴が異なるのですが、共通点もあるのです。低カロリーであること、お腹の調子を整えてくれることはどのオリゴ糖にも共通していえる性質なのです。特徴が異なるそれぞれのオリゴ糖ですが、大きく分けると2種類に分類できるのです。

つまり、小腸などの消化器官に吸収される消化性のオリゴ糖と、消化されずに大腸にオリゴ糖が届く難消化性のオリゴ糖です。調べてみるともっと詳しくオリゴ糖を分類できると思いますが、簡単に分類すると、このような分け方になります。

オリゴ糖は種類によって効果や特徴が違いますので購入の際にしっかりと確認することが重要です。とはいえ、多くのオリゴ糖で共通していることがオリゴ糖のもつ整腸作用です。腸の働きを整えて腸内環境を改善するというのはオリゴ糖の共通する効果の一つといえます。

よって整腸作用に期待する方はそれほど種類に気を使う必要はないということがいえます。

カテゴリー: 種類 パーマリンク